駆け出しCEのblog

臨床工学技士として日々勉強しております。 このブログでは、自身の知識や学んだことを他のコメディカルとも共有したいと思い作成しています。

カテゴリ: 補助循環業務

【はじめに】

HeartMateは植込型補助人工心臓の1つであり、現在使用されている植込型補助人工心臓の主流となっています。

補助人工心臓の運用ついては限られた施設でしか行われておらず、臨床の現場でも関わる機会も少ないですが、知識として知っておくことには意義があると思います。

今回は、埋込型補助人工心臓の中でもHeartMateについて、私が調べたことを簡単にまとめていきたいと思います。

 

HeartMateとは】

脱血管、送血管、血液ポンプ、経皮ドライブライン、システムコントローラ、電源ケーブル、パワーモジュール、ディスプレイモジュールにて構成されています。植込型補助人工心臓と言っても、脱血管、送血管、血液ポンプだけが体内にあり、経皮ドライブラインを介してその他の部品と接続されております。

血液ポンプは軸流ポンプが使用されており、ローターが高速回転することにより生じる揚力により血液を循環させています。脱血部位は心尖部から行い、上行大動脈へ送血を行っております。血液ポンプ自体は、腹膜と腹直筋の間に留置されます。

血液ポンプへの電源供給は、体外にあるパワーモジュールより行います。また、バッテリーを用いる事も可能であり、バッテリーはリチウムイオンを使用しています。

 

【血液ポンプの流量特性】

補助人工心臓を用いている場合、最も注意しなければならないのはポンプ流量が適切であるかどうかです。ポンプ流量は、前負荷、後負荷、残存心機能により左右されます。特に、後負荷が高くなるとポンプ流量が低下してしまうため、後負荷の要因となるパラメータに関しては、適切なコントロールが必要になります。

後負荷の要因としては、血圧が挙げられます。同じ回転数では、血圧が高くなるにつれてポンプ流量が低下してしまいます。

 

【抗凝固療法】

患者さんは経口でのワーファリン投与が必用となります。そのため、消化管出血などには注意が必要となります。

 

【感染】

手術痕の感染はもちろんですが、HeartMateⅡの場合、体内の血液ポンプと体外のシステムコントローラを経皮ドライブラインにてつながっているため、経皮ドライブラインが体外へと露出する部分の感染が起きやすくなっています。そのため、定期的な消毒、ガーゼの交換やシャワー浴などにより傷口を清潔に保つ必要があります。

 

【患者教育】

HeartMateⅡを使用する場合は、自宅での療養が可能となります。そのため、パワーモジュールからバッテリーの切り替えなどを患者自身で行わなければなりません。また、患者自身だけでなく家族の協力も必要となるため家族同席での教育が必要となります。

【初めに】

IABPを行う場合は緊急時であり、一刻も早くバルーンを挿入しなければならない。そのため医師の指示が出る前に、適切なサイズのバルーンを準備しなければならない。そのためIABPのバルーンサイズは、何によって決定しているか把握しておく必要があります。

 

【バルーンサイズの選択】

IABPのバルーンサイズは、患者の身長によって決定しています。以下に示すのは、私の勤める病院で用いているIABPバルーンサイズ決定の指標です。

IABPのバルーンサイズ


   ※高度石灰化病変の場合、ワンサイズダウン

75歳以上の場合、ワンサイズダウン

 

バルーンサイズの選択は、メーカーにより若干異なってくるので、勤めている病院で使用されている物品の確認は必須です。

リスク因子のある患者さんに対しては、医師の指示に従ってバルーンサイズの変更も必要だと個人的には考えております。

 

【最後に】

病院のどこにIABPのバルーンやシースがあるのかは、日頃の業務で確認し、緊急時に備えておかなければなりません。バルーンサイズの選択が適切にできる知識をもっていても、物品の位置が分からなければ意味がありません。

【はじめに】
 IABPは、intra-aortic balloon pumpingの略であり、心機能が著しく低下して自己の心臓だけでは、循環動態を維持できない場合に使用される補助循環装置の一つである。

【バルーン留置部位】
 IABPは下行大動脈内にバルーンを留置する。詳しく説明すると、透視下において左鎖骨下動脈の2cm下行で、腎動脈などを塞がない位置とされている。私の所属している病院では、IABPのバルーンを挿入するときは、必ずX線透視下で行われることになっています。臨床工学技士独自のチェック表でも「X線透視下でのバルーン挿入を確認」という項目があります。

【効果】
ダイアストリック・オーグメンテーション
 心室の拡張期にバルーンを膨らますことで、拡張期圧が高まる。さらに、下行大動脈へ流れようとした血液が、バルーンが拡張することによって冠動脈へ流入しやすくなる。まとめると、バルーン拡張によって冠動脈血流量の上昇、拡張期圧の上昇がもたらされる。

シストリック・アンローディング
 心室の収縮期にバルーンを収縮させることで、今までバルーンが拡張していた分の容積が無くなり、下行大動脈に血液が流れやすくなる。この時、通常よりも低い圧力で血液を送り出すことが出来ることから、後負荷が軽減し、結果的に心仕事量が低下することで心筋の酸素消費量も低下する。まとめると、バルーンの収縮により後負荷の軽減、心仕事量の軽減、心筋の酸素消費量減少がもたらされる。

↑このページのトップヘ