TAVIとは


TAVIは、Transcatheter Aortic Valve Implantationの略であり、日本語にすると経カテーテルカテーテル大動脈弁留置となります。簡単に言うと大動脈弁狭窄症に対して、カテーテルを用いて弁を留置する手術のことです。

従来は、人工心肺装置などを用いて開心術にて行われていた手術ですが、カテーテルを用いて手術が行えるということで、とても低侵襲となっています。

TAVIは、2002年にフランスで初めて行われ、デバイスの進化と共に今日に至ります。日本では、2013年より保健適応となっており、数多くの患者さんが治療を受けています。

TAVIを行うためには、ある一定の基準を満たした施設でのみ行われるため、どの病院でも受けれる手術ではありません。

 

施設基準


施設の基準としては、臨床での手術実績および設備・人員について規定があります。詳しい施設基準は、経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会評議会のHPを参照してください。

 

適応疾患


大動脈弁狭窄症で大動脈弁置換術(AVR)を行うと、死亡や重大な合併症をきたす可能性がある場合にTAVIが適応となります。

 

アプローチ部位


TAVIを行うには、カテーテルよる左心系へのアプローチが必要となります。TAVI時のカテーテル挿入部位を下記に示します。

   上行大動脈アプローチ

   心尖部アプローチ

   大腿動脈アプローチ

 

デバイスの特徴


TAVIのデバイスである、SapienCoreValveについて簡単な情報をまとめていきたいと思います。

   Sapien

弁の材質はウシ心膜であり、留置時にバルーン拡張が必要となります。この時、デバイスの位置がずれないように、ラピッドペーシングが必要となります。

 

   CoreValve

弁の材質はブタ心膜であり、自己拡張性を有しています。そのため、Sapienのように留置時にバルーンによる拡張の必要がなく、ラピッドペーシングを行う必要がありません。

 

手術の流れ

 ①   穿刺を行いカテーテル挿入を行う。

 ②   ACTの測定を行う。

 ③   左心室と大動脈の圧力を測定する。

 ④   バルーン大動脈弁形成術(BAV)を行い、大動脈弁の弁口面積を広げる。

 ⑤   TAVI用の弁を留置する。

 ⑥   左心室と大動脈の圧波形を測定し、治療効果を確認する。

 ⑦   造影および胸写を行う。

 ⑧   カテーテルを取り出し、止血する。