【はじめに】

持続的血液透析濾過(以下CHDFとします)は、主に集中治療領域にて施行されます。通常の血液透析(以下HDとします)は施行時間が4時間ほどですが、CHDFは最大48時間施行することもあります。

今回は、CHDFを開始するときの手技や注意点についてまとめていきたいと思います。

 

【用意するもの】

   処置用シーツ

   雑ガーゼ

   ポリ袋

   アルコール綿

   10mLシリンジ

   生食入りシリンジ

 

【開始時の手技と手順】

   バスキュラーアクセス(以下VAとします)カテーテルの下に処置シーツを敷く。

   VAのクランプが閉じているのを確認して、キャップを外しアルコール綿で拭く。

   VA10mLシリンジを接続しVAのクランプを外す。

   10mLシリンジを引き脱血の確認をする。

   採血した血液をポリ袋に入った雑ガーゼにかけて、血餅の有無を確認する。

   VAのクランプを閉じて、生食入りシリンジを接続する。

   VAのクランプを開け、生食せVAカテ内をフラッシュする。

この時、しっかりと生食がフラッシュされるか確認する。

   VAのクランプを閉じてCHDFの回路と接続する。

   VAのクランプを開けて血液ポンプを目標値(指示値)の半分程度で回す。

   V側まで血液が到達したら徐々に血液ポンプの流量を上げていく。

 

②~⑦の工程は、A側及びV側両方で行う。

④の工程で脱血、⑦の工程で送血状態の確認ができる。

 

【注意点】

CHDFを行う患者さんは、循環動態が不安定な方が多いため、脱血開始時に急激な血圧低下などのバイタル変動に注意が必要となります。そのため、CHDFを施行する前に血圧を含むバイタルの値を見ておくことが必要になります。

脱血や送血の不良があった場合は、医師にカテ位置の確認をしてもらうもしくは、A側とV側を逆に接続したりといった対応が必要になります。

 

【さいごに】

CHDFを行う時には清潔操作が必要となります。VAカテとCHDF回路の接続部から感染などの危険性があるため慎重に手技を行う必要があります。また、自身の身も守らなければならないためスタンダードプリコーションの実施も必要です。

バイタル、清潔操作、感染予防を意識しながらの手技になるため、私自身は気疲れする業務の1つだと考えています。