【はじめに】

私が、臨床工学技士という存在を知ったのは、高校3年生の時です。高校では、部活三昧で進路についてあまり真剣に考えたことはありませんでした。しかし、部活も引退が決まると本格的に自分の進路や将来の職業について考えるようになりました。

当時の私は、就職は厳しいものであるという漠然としたイメージから、これから需要の増える医療職を考えるようになりました。様々な医療職を調べているときに偶然見つけたのが、臨床工学技士という職業でした。臨床工学技士なら、これからの需要もあるし、それなりの給与がもらえるという所から私は臨床工学技士を目指しました(今では、給与以外の面でもやりがいを感じています)

 

【ネットで調べた臨床工学技士の給与】

「臨床工学技士 給与」とググってみると、病院で18万円程度、クリニックで19万円程といったところが見受けられます。そして、大卒と専門卒では基本給が1万円弱の差があるとされています。

給与には、基本給とは別に各種手当が含まれます。主な手当の例としては、家賃手当、通勤手当、資格手当、夜勤・準夜勤手当などがあります。

 

【私の初任給】

私も、高校生の時に上記のような情報を見ていました。また大学生の頃も、臨床工学技士の収入に関しては、上記と同じ認識でした。

そして、実際に働いて得た初任給は257,600(各種手当込み)でした。基本給も19万円程度あり、想定していた給与よりも多く感じました。

私は、私立の総合病院に勤務しています。そのため、大学病院や公立病院、透析クリニックに就職したい方には参考にならないと思いますのでご容赦ください。

 

【さいごに】

上記で述べた給与は初任給で頂いた額です。さらに経験を積めば、夜勤などにも入るため1~2万円程上乗せされます。

関東地区の他施設に勤める友人とも給与についての話をすると地域差は若干ありますが、初任給で20~25万円程度でした。

お金の話は、あまり好まれる話ではありませんが、生きていくうえで重要です。これから臨床工学技士の養成校に入る方、就職を控えている方の参考になればと思いまして、今回は私の初任給を公開しました。