【はじめに】

LDL吸着は血漿吸着療法(plasma adsorption:PA)1つであり、血液を血球成分と血漿成分に分離して、血漿成分のみをカラムに通すことでLDLを吸着除去する治療法であります。

LDL(low density lipoprotein)コレステロールはリポ蛋白の一種であり、動脈硬化の要因物質の1つであります。また、血中のLDLコレステロールが高値を示す場合は、冠動脈疾患のリスクも高くなります。

 

【適応疾患】

LDL吸着の適応疾患としては、食事の改善及び運動療法また薬物治療をおこなっても治療効果が得られない場合に行われます。さらに、保険適応となっている疾患については下記のようになっています。

   家族性高コレステロール血症

   閉塞性動脈硬化症であり、Fontaine分類以上かつ総コレステロール値が220mg/dLLDLコレステロール値が140mg/dL以上

   ネフローゼ症候群であり巣状糸球体硬化症で総コレステロール値が250mg/dL以上

 

【治療原理】

LDL吸着に使用するカラムは、多孔質セルロースビーズを担体、リガントにはデキストラン硫酸を用いております。デキストラン硫酸は、陰性荷電を多く有しており陽性荷電の多い物質を静電結合により吸着します。LDLコレステロールは、外側をリン脂質とアポ蛋白Bで覆われています。アポ蛋白Bは強い陽性であるため、LDLコレステロールは吸着されます。

 

【注意点】

   血圧低下

LDL吸着では血漿分離分離器を使用するのことや、カラムを2本並列に接続して吸着を行うため、プライミングボリュームが増加します。そのため、体外循環量が増加し血圧低下につながります。

 

   ショック

血漿が吸着材に接触することにより、ブラジキニンが産生されます。ブラジキニンは血管拡張作用があるため、血圧低下へとつながります。ここで、ACE阻害薬を服用していると症状を悪化させ、ショック状態へと陥る場合があります。そのため、LDL吸着を行う際には、ACE阻害薬の服用は禁忌とされます。

 

   出血

LDL吸着を行う場合は、凝固因子も吸着されることや、抗凝固療法により出血しやすい状態となります。

 

【治療条件】

LDL吸着を行う場合の血流量は、80mL/min前後であり、分離血漿流量は血流量の30%程度とします。上記の条件にて約3時間程度治療を行います。治療中は、TMP50mmHg程度になるようにコントロールします。また、疾患により治療期間や治療回数が異なってきます。

 

【さいごに】

閉塞性動脈硬化症の患者さんに対しては、DFPPによりLDL吸着と同等のLDL除去効果が得られます。そのため、ブラジキニン発生などによる血圧低下が気になる患者さんでは、DFPPを検討しても良いと考えます。