【はじめに】

二重濾過膜血漿分離交換は英語に訳すとdouble filtration plasmapheresisであり、通常はDFPPと略称で呼ばれています。

今回は、二重濾過膜血漿分離交換について簡単にまとめていきたいと思います。

 

【二重濾過膜血漿分離交換とは】

二重濾過膜血漿分離交換は、血漿分離膜で血球成分と血漿成分を分離した後に血漿成分を血漿成分分画器に通すことで、病因物質を含む血漿と含まない血漿に分離します。その後、血球成分と病因物質を含まない血漿成分を体内に戻し、病因物質を含む血漿成分を破棄するといった治療法です。

二重濾過膜血漿分離交換を行うには、専用の血液回路、専用の血液浄化装置、血漿分離膜、血漿成分分画器、補充液(アルブミン溶液)が必要となります。

血漿成分分画器は、除去対象とする物質の大きさにより最適な膜孔径を選択しなければなりません。そのため、ある程度病因物質を特定することが必要です。

二重濾過膜血漿分離交換のメリットとして、二次膜により血漿成分を分離するため、単純血漿交換のような補充液の大量投与の必要がないため、感染症のリスクが軽減されます。それに伴い、医療費の節減につながります。

デメリットとしては病因物質をある程度特定しなければならないため、単純血漿交換に比べ適応疾患が少ないことや、二次膜を用いるためプライミングボリュームが増えるといったことが挙げられます。

 

【適応疾患】

  多発性骨髄腫

  マクログロブリン血症

  重症筋無力症

  悪性関節リウマチ

  全身性エリテマトーデス

  急性肝不全

  ギランバレー症候群

  家族性高コレステロール血症

  閉塞性動脈硬化症        など…

 

【補充液】

二重濾過膜血漿分離交換の置換液としては、アルブミン溶液が使用されます。新鮮凍結血漿に比べ、感染症やアレルギーのリスクが低いといった特徴があります。

アルブミン溶液の投与量と投与濃度は、除去する物質の除去率、体重、治療前のアルブミン濃度により決定されます。基本的には、医師の指示の下で臨床工学技士が機器の設定を行いますが、知識として把握しておく必要があります。

 

【さいごに】

二重濾過膜血漿分離交換は単純血漿交換に比べ適応疾患が少ない分、選択的な物質除去ができ、単純血漿交換におけるリスク因子を軽減しながら治療ができます。しかし、プライミングボリュームの増加などのデメリットなども考慮しながら治療を行わなければなりません。また、アルブミン溶液を補充しているとはいえ、アルブミン損失による膠質浸透圧の低下もリスクとしては考えられます。