【はじめに】

動脈血酸素分(PaO2)は脈血酸素飽和度(SpO2)に次いで患者さんの酸素化に関する評価を行うパラメータであります。動脈血酸素飽和度のように経時的なモニタリングを行うことはできませんが、ある一定の時間間隔で採血を行い、血液ガス分析装置にて測定します。

今回は、動脈血酸素分圧についてその意味と算出について書いていきたいと思います。

 

【分圧とは】

動脈血酸素分圧を理解するためには、「分圧」という言葉について理解する必要があります。分圧という言葉からある程度は連想ができると思いますが、簡単にまとめていきます。

私たちが暮らしている環境は、大気圧下であります。大気圧は1気圧ともいい、ミリメートル水銀柱(mmHg)で表すと760mmHgとなります。私たちが普段吸っている空気は約79%が窒素で約21%が酸素となっています。つまり、760mmHgの内酸素の占める割合は約150mmHg(760×0.21)となります。この150mmHgを大気中の酸素分圧といいます。

つまり、分圧とは1つの気体で占める圧力のことを指します。

 

【動脈血酸素分圧の算出】

動脈血酸素分圧の算出についてまとめていきたいと思います。まず、私たちが大気中から酸素を取り込むときは、大気圧(760mmHg)の約21%が酸素分圧であるため、

 

760×0.21=159.6mmHg(160mmHg)

 

気道から肺胞にかけて相対湿度が100%であるため、760mmHgのうち47mmHgが水蒸気分圧となる。さらに、気道中には生体から産生された二酸化炭素が含まれるため肺胞での酸素分圧は、

 

[(76047)×0.21]40/0.8=142.6mmHg=99.73(100mmHg)

 

となります。

肺胞から血液中へのガス移動は、拡散にて行われます。このとき、酸素分圧が5~15mmHg減少するため、動脈血酸素分圧は90mmHg前後になります。

【人工呼吸器使用時の動脈血酸素分圧】

上記で算出した動脈血酸素分圧は、健常人の日常生活中のものであります。

病院では、人工呼吸器により呼吸管理を行っている場合があります。このとき、吸入している酸素濃度が異なっているため、動脈血酸素分圧は100mmHg以上になる場合もあります。さらに、ECMO時の動脈血酸素分圧はさらに高い値となる場合もあります。

 

【さいごに】

途中の説明をかなり省きました。時間があるときに詳しい情報をまとめていきたいと思います。

ある程度の値を算出により求めて、実際の測定値と比べてみると日常の業務が有意義になりと思います。

ほとんどの場合、計算値と測定値は異なっており、さまざまな要因により動脈血酸素分圧が変化します。変化の要因を考えることで医療従事者としてのレベルの向上につながると思い、僕は実践しています。