【はじめに】

NPPVNon invasive Positive Pressure Ventilationの略称で日本語では、非侵襲的陽圧換気といいます。名前にも非侵襲的とあるようにNPPVは挿管下では無く、マスク換気にて患者さんの呼吸を補助します。

私の勤める病院では、抜管後の呼吸補助や慢性的な呼吸不全、などにNPPVが使用されており、急性期および慢性期の両方で適応されております。

今回は、NPPVについて簡単にまとめていきたいと思います。

 

NPPVの適応疾患】

NPPVの適応については、様々な疾患で報告がされています。今回は、様々な適応疾患の中で特にエビデンスレベルの高い疾患・場面を下記に示します。

   COPD急性増悪

   抜管およびウィーニング

   心原性肺水腫

   免疫不全患者

上記の項目に加え患者さん自身に意識があることや、挿管を必要としない、患者さんの協力が得られる、顔に創傷が無いなどの条件があります。

 

NPPVのメリット】

NPPVの最大のメリットは非挿管下であることです。非挿管であるため、患者さん自身で食事をとれることや会話ができるため、患者さんのQOL向上が図れます。さらに、気管チューブによる上気道などの損傷がないため、感染症のリスクが低下します。

 

NPPVのデメリット】

マスク換気であるため、基本的に患者さんの理解を得られなければならない。挿管時とは違い鎮静状態ではないため、患者さん自身でマスクの位置をずらすことや、取ってしまうことがあります。この場合、マスク外への送気ガスのリーク量が変わってくるため、思うような結果が得られない場合があります。また、在宅で使用する場合には患者さん自身または家族がマスクフィッティングを行わないといけません。

その他にも、長時間のマスク着用による圧迫で皮膚損傷の危険性もあります。皮膚損傷については、適切なマスク着用によりリスクを低減できますが、皮膚被覆材などを合わせて使用することでリスクはさらに低減することができます。

 

【さいごに】

私の勤める病院では、NPPVの導入時に臨床工学技士が立ち会うことになっております。マスクフィッティングについては看護師さんが行うことが多いですが、機器に表示されるリーク量などを見てマスクフィッティングが適切であるかの確認をします。

また、病棟によっては食事のために一時的に離脱・装着するときに、臨床工学技士に立ち会ってほしいと依頼されることもあります。そのときは、機器の設定や加温加湿器の設定を確認したりします。

NPPVを行っている患者さんには抜管直後で、いつ呼吸状態が悪化するかわからない患者さんもいます。そのため、機器の表示値や設定だけでなく患者さんの呼吸状態などの様子も確認する必要があります。