【はじめに】

閾値とは、何らかの反応や興奮を起こすうえで必要最小限の信号や刺激の物理量のことをいいます。

心臓の興奮は「全か無かの法則」に基づいて起こります。全か無かの法則とは、ある一定の値を持つ刺激つまり閾値を超えないと心臓の収縮が生じないということです。ここでポイントとなるのは、心臓の興奮は閾値を超える刺激によって生じるため、閾値を超えた刺激であれば強度は低くても高くても同じ反応をするという点です。

今回は、ペースメーカに関連する閾値について書いていきたいと思います。

 

【閾値の設定と変化】

ペースメーカにより心臓の興奮をコントロールする場合、閾値よりも大きな値で刺激を行えばよいということになります。そういうことであれば最大出力で刺激を行えばいいと思う方もいると思います。ではなぜ、閾値を測定してペースメーカの出力を変えていくかというと、なるべく低い出力でペーシングを行い電池の寿命を延ばしたいからです。

私の勤める病院では、ペースメーカの出力を初期設定として3Vとしています。そして、術後の閾値変化を見て出力の値を設定します。

刺激閾値は、術後1~2週間の間に上昇していきます。このとき、刺激閾値は植込み時の2倍程度上昇するといわれており、ペースメーカの初期設定はある程度余裕を持った値にしておくべきだと考えます。植込み後1~2週間を過ぎると刺激閾値は徐々に低下していき、植込み時まで戻ります。

退院後は、3~6ヵ月に一度患者さんに通院していただき、プログラマを用いて閾値の測定をしてペースメーカの出力を調整していきます。

 

【まとめ】

   心臓は全か無かの法則に基づいて興奮する。

   ペースメーカは閾値以上の出力設定にする。

   ペースメーカの出力が高いほど電池の消耗がはやい。

   閾値は、術後1~2週間で2倍前後まで上昇する。

   術後1~2週間後は、閾値が低下していき元の値へ戻る。

   閾値の測定はプログラマを用いる。

   退院後も閾値を測定して出力値を変更していく。

 

【さいごに】

ペースメーカの閾値について簡単に書きました。閾値について掘り下げていくと出力値だけでなく、パルス幅なども考慮していかなければなりません。さらに、効率的な刺激について考えるとクロナキシなど難しくなります。

上記で述べたことについては、今後書いていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。ご意見やご感想がありましたら、メッセージやコメントをよろしくお願いいたします。