【はじめに】

PEEPPositive End Expiratory Pressureの略称であり、日本語では呼気終末陽圧といいます。

PEEPというのはその名の通り、呼気の最後に一定の陽圧を加えるもので、人工呼吸器の設定項目の1つです。通常の場合では(PEEPがゼロ)、人工呼吸器からガスが送られる(吸気)と気道内圧が上昇し、人工呼吸器の送気が止まると(呼気)気道内圧は低下し、ゼロとなります。しかしPEEPを加えていると、呼気時の気道内圧がある一定の圧以下にならず、そのまま吸気へ移ります。つまり、患者さんの肺には常に陽圧がかかった状態にあるということです。

PEEPについては、臨床工学技士はもちろんのこと集中治療関係の業務に従事する看護師の方にもお馴染みの項目といっていいでしょう。

 

PEEPの目的】

PEEPの最大の目的としては、酸素化の改善であります。肺に取り込まれたガスは肺胞にて血液中に供給されます。人工呼吸器を使用するような患者さんは肺コンプライアンスが低くなっており、肺胞が膨らみにくい状態にあると言えます。

風船を膨らますときを考えると、風船が膨らみ始めるまでが一番きつく、膨らみ始めるとそんなに力を入れてガスを吹き込まなくても膨らんでいきます。肺胞も同様で、膨らみ始めるまでに高い圧力を必要とします。しかし、最初からある程度膨らましておけば、その後は高い圧力を必要としません。

PEEPを加えることで、肺胞が閉じる(虚脱)ことを防げるため、有効膜面積(ガス交換が行える肺胞の面積)が上昇し、その結果酸素化が改善されます。

実際に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する研究で、PEEPを加え一回換気量を減らすことで、予後が改善されたという報告があります。この研究からもPEEPによる酸素化の改善効果と、最高気道内圧を抑えることによる肺損傷の是正が重要であると言えます。

 

PEEPの生理的な影響】

PEEPを加えることにより肺は常に膨らんだ状態になります。それに伴い、胸郭内の圧力も上昇します。そのため、上下大静脈に戻ろうとする血液が胸郭内の圧力に押され、静脈還流量が低下します。静脈還流量が低下することで、一回拍出量、心拍出量の低下、尿量の低下へとつながります。

上記のことから、PEEPを加える場合には患者さんの心機能の程度も考慮しなければなりません。対策としては、弾性ストッキングやフットポンプなどを使用し末梢で滞留している血液を循環させるといったものがあります。

 

【さいごに】

人工呼吸器の設定を考える時には、肺機能だけでなく心機能や代謝も考慮しなければなりません。意外と思われる方もいると思いますが、臨床工学技士の業務では、機械以外にも幅広い知識が必要です。