【はじめに】

前負荷や後負荷といった言葉は心機能検査を行う場合、とても重要となります。また、何が前負荷を表し、後負荷を表しているのかをしっかりと理解することで、心臓カテーテル検査をより理解できます。

 

【前負荷】

前負荷とは、心室が収縮を開始する前にかかっている負担のことを指します。つまり、心房に流入する血液量と心筋の収縮力により前負荷が決定されるということです。

心房に流入する血流量と心筋収縮力を反映する指標として圧力があります。そのため、前負荷の評価として圧力波形を測定することが一般的であります。

左右心室に対する前負荷の指標を下記に示します。

 

・右心室

右心房圧、右心室拡張末期圧、拡張末期右心室容積、中心静脈圧

 

・左心室

左心房圧、左心室拡張末期圧、拡張末期左心室容積、肺動脈楔入圧

 

前負荷と合わせてスターリングの法則も理解しておく必要があります。スターリングの法則も理解しておく必要があります。

スターリングの法則を簡単に説明すると、心室が1回の収縮で拍出する血液量(1回拍出量)は、心室拡張末期容積により変化するということであります。

スターリングの法則

上の図からもわかるように、前負荷は一定以上必要ですが、多すぎてもいけないということです。

前負荷がすくなくなると、心拍出量の低下につながります。そのため、前負荷が少なくなると、輸血などを行い、静脈還流量を増やしたりするなどの対応が求められてきます。また前負荷が高すぎると、心筋に負担がかかりすぎるため、利尿剤などにより体液量を下げてあげるといった対応がとられます。

 

【後負荷】

後負荷とは心室が血液を拍出するときに、心室の負担となるものを指します。血液は、心室の圧力と末梢部の圧較差により駆出されます。つまり、心室より末梢の血管の圧が高くなれば、後負荷が大きくなるということです。

左右心室に対する後負荷の指標を指します。

 

・右心室

拡張期肺動脈圧

 

・左心室

拡張期大動脈圧

 

後負荷の増加要因となるのは、末梢血管抵抗です。末梢血管抵抗は、動脈硬化や末梢血管の収縮により増加します。