【はじめに】

以前にも人工鼻について書きましたが本日は、人工鼻の利点と欠点を書いていきます。また、点検時の着目点などについても書いていきます。

 

【利点】

人工鼻を使用することで、加温加湿器が不要になります。加温加湿器が無いことで加温加湿器の設定ミスや水の入れ忘れなども防止することが出来ます。そのため、人工呼吸器の管理が容易となります。

私の勤める病院では、病棟で使用されている人工呼吸器のラウンド点検を毎日行っていますが、加温加湿器仕様の場合だと加温加湿器と呼吸回路の接続や設定温度、加温加湿器の設定モードなども確認しないといけないため、人工鼻を使用している場合に比べ、点検に時間がかかります。このことから、人工鼻使用の場合は、回路がシンプルかつ点検が容易になると私は考えます。

人工鼻には、バクテリアフィルタ機能があるため、感染症のある患者さんでも人工呼吸器側回路の汚染を防止することができます。

 

【欠点】

人工鼻を使用している場合は、Yピースと挿管チューブ間の死腔量が増加します。さらに、加温加湿器仕様の回路に比べ回路抵抗が増加することも考慮しなくてはなりません。喀痰などの分泌物の多い患者さんの場合では、人工鼻に分泌物が付着することで、回路抵抗がさらに上昇し、Auto-PEEPの要因となります。

加温加湿器やネブライザーとの併用が禁忌であるため、使用したい場合には回路交換が必要になります。

その他にも低体温の患者さんには適さないことや、定期的な交換が必要などといったことも欠点にあげられます。私の勤める病院では、人工鼻を1日おきに交換することになっており、人工鼻に日付を書いて交換忘れなどを防ぐ取り組みをしています。

 

【点検時】

人工鼻仕様の人工呼吸器を点検する時には以下の項目に注意しています。

  人工鼻の使用期限は守られているか。

  人工鼻と呼吸回路はしっかりと接続されているか。

  加温加湿器、ネブライザーと併用されていないか。

  人工鼻に結露はあるか。

  人工鼻に分泌物の付着はないか。

  回路内圧の上昇はないか。

 

【さいごに】

人工鼻の交換時期は人工呼吸器関連肺炎(VAP)を考えると48時間おきが良いと思われますが、私の勤める病院ではフィルターとしての性能を考慮して24時間おきとしています。

人工鼻の交換時期や点検項目などは、病院ごとで異なってくると思います。