【はじめに】

吸気は横隔膜が下がることにより、胸郭が引き付けられ陰圧が生じることで生じます。呼気は、肺や胸郭の弾性によりもとに戻ることで生じます。つまり肺や胸郭には弾性があり、その弾性により呼吸が行われております。

人工呼吸器を使用する時にも、コンプライアンスは非常に重要であり、コンプライアンスの程度により人工呼吸器のモードや設定を決めたりします。

 

【コンプライアンスとは】

コンプライアンスとは、1cmH2Oの圧を加えたときにどのくらい容量(mL)が変化したかというものであり、

コンプライアンス=ΔV/ΔP

で求めることができます。単位はmL/cmH2Oでありコンプライアンスが4mL/cmH2Oだとすると、1cmH2Oの圧を加えたときに容量が4mL変化したということです。

 

【静的コンプライアンス】

人工呼吸器を使用しているときに、呼吸回路を遮断し、送気を停止して気流がゼロになった時のコンプライアンス。

 

【動的コンプライアンス】

吸気から呼気に移り変わるときの圧力で、変化した容量(変化量:ΔV)を割って求めるもの。

 

【最後に】

肺コンプライアンスは、高いほど膨らみやすいということになります。病態によっては、コンプライアンスが低下したり上昇したりします。コンプライアンスの評価はグラフィックモニタでできるため、人工呼吸器に表示される波形はとても重要になります。また、換気モードにより波形も変化するのでコンプライアンスの概念と換気モードの原理を理解しておく必要があります。