【はじめに】

1952年に世界初の血液分析装置が発売され、1969年に皮膚上に電極を装着して血液ガス分析を行う方法が確立された。経皮的血液ガスモニタは、採血を行わずに血液ガス分圧を連続的にモニタリングができるため、NICUで急速に普及していった。

 

【測定原理】

経皮的血液ガスモニタでは、測定するセンサにヒーターがついており、皮膚を4244に加温する。そうすることで毛細血管の血流が増加し動脈化を促進する。さらに角質のガス透過性が亢進するため、毛細血管から角質層を拡散によってガスが通過しやすくなる。そのため、皮膚上の電極でも動脈血の血液ガス分圧を測定できるということである。

経皮的に測定される酸素分圧はPtO2、二酸化炭素分圧はPtCO2と表記される。

   PtO2

新生児の場合、角質が少ないため、加温した状態でのPtO2PaO2とほぼ等しくなる。しかし、成人では角質が多いため、PtO2PaO2よりも低い数値となる。

 

   PtCO2

PtCO2の測定は、角質層での拡散抵抗が低いため、皮膚を加温しなくても測定ができる。しかし、血液ガスが拡散し皮膚上で測定する過程において、代謝によりCO2が産生されることからPtCO2PaCO2よりも高い値を示す。

 

経皮血液ガスモニタは、動脈血を採血し血液ガス分析を行う方法に比べ、正確さには劣るが、相関性はあるため、経時的なモニタリングには有効であると私は考えています。

 

【参考文献】

石原 謙 臨床工学講座 生体計測装置学 医歯薬出版株式会社 2012120日 P172~173