【低分子ヘパリンとは】

低分子ヘパリンは未分画ヘパリン(通常のヘパリン)を分画することで得られる、分子量が4,0006,000(ヘパリンの分子量は30,00035,000)のヘパリン製剤のことを言います。

 

【低分子ヘパリンの作用】

低分子ヘパリンは、抗トロンビン作用と抗Xa作用により血液凝固を抑制しています。未分画ヘパリンと異なる点としては、主な作用が抗Xa作用であるというところです。

体外循環回路内での凝血はXaの作用、凝固時間の延長効果はトロンビンの作用に依存していることから、低分子ヘパリンは、出血傾向のある患者さんに使用されます。

低分子ヘパリンの半減期はヘパリンよりも長く24時間であるため、ヘパリンに比べ投与回数を減らすことが出来ます。

 

【問題点】

半減期がヘパリンよりも長いため、作用時間が長くなる。さらに、活性化凝固時間(ACT)の測定が正確に行えないため、凝固時間のモニタが不可能である。

※特殊凝固活性剤(Xa加入)を用いればACTの測定が可能