今回は手術支援ロボットについて書いていきます。da Vinciは、主にサージョンコンソール、ビジョンカート、ペイシェントカートで構成されています。

サージョンコンソールは、術者が操作を行います。医師は座ったままでサージョンコンソールの中を覗き込んで手術を行います。医師は直接患者を目視していないがビジョンカートは術野を立体的に映し出し表示します。そして、手元のマスターコントローラーとフットスイッチによりインストゥルメント(鉗子)の切り替え・操作し、手術を行います。

 

ビジョンカートは、術野を表示するものです。術者以外の医師・看護師その他医療従事者も術野の様子を観察することができます。さらにビジョンカートには、マイクがあり、術者とのコミュニケーションがとりやすくなっています。さらに、画面はタッチパネルとなっております。

 

ペイシェントカートは術者の腕となり、術野に入り手術を行います。3本の鉗子がついており、マスターコントローラーにて操作されます。

 

20164月時点で腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(95,280点)、腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(70,730点)がダ・ヴィンチによる手術の保健適応となっています。しかし臨床の現場では、胃の摘出などにも使用されてきており、将来的にはもっと保健適応が増えてくることが予測されます。

ダ・ヴィンチによる手術でのメリットとしては、切開部分が小さくなるため、合併症のリスク低下、出血量の低下、手術時間の短縮などがあげられます。その結果として術後の患者さんの予後がよくなります。

デメリットとしては、術中に機械トラブルが生じると、現場にいる医療従事者で対応できない場合がある、機器のコストが高い、などがあげられます。

現在、ダ・ヴィンチを導入している病院ではダ・ヴィンチの定期点検などをメーカに頼っている部分が多いと思います。今後、ダ・ヴィンチを導入する病院が多くなることで現場での点検も増えてくると推測されます。

私の病院では、MEがダ・ヴィンチのセッティング(機器配置)を行っております。症例やアプローチ部位によって配置が異なるのでそれに応じて他の機器も配置していく必要があります。